肉割れは肌を保湿することで防ぐことができる

「肉割れ」とは、ひびが入るような模様跡が皮膚についてしまうことです。

肉割れという呼び方以外にも、妊娠線やストレッチマークなどと呼ばれることもありますが基本的には同じ状態をいいます。

女性に限らず男性でも起こるもので、皮膚の深い層にある真皮層のコラーゲン繊維が裂けてしまっている状態となるものです。

急激に太ったりなどにより皮膚が急に膨張することにより起こったり、長時間同じ姿勢をとり続けることで血流が悪くなった時にできやすいといわれています。

特定の筋肉を過剰に鍛えた際にも、体が膨張して皮膚がひっぱられるため起こりやすくなってしまいます。
初期の状態では赤っぽい色をしていますが、月日が経つにつれて白っぽい色になっていきます。

元々、肉割れが起こりやすい太ももやふくらはぎ、二の腕やお腹などは皮脂の分泌量が少ない部分です。

背中の肉割れも深刻な悩みでもあります。

肌の水分が蒸発することを防いでいるのが皮脂膜ですが、肉割れによって裂けてしまうと裂け目から水分が蒸発して乾燥することによって硬くなり、痕ができてしまうのです。

乾燥している人ほど起きやすいのが肉割れですので対策としては、水を飲むことで身体の中から潤すと同時に、肌をクリームなどでしっかり保湿することが大事です。

もしできてしまっても、保湿をすることを重点的考えることで肌の状態を柔らかく保っていれば回復することも可能です。

一度体につくと一生線が消えないこともあるのが肉割れです。

肌全体のケアと考えてして保湿を取り入れながら、予防と対策をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>