1月15日

朝早めに起きた。今日は引っ越してから初めての雨が降るそうなので、初めて自宅からバスに乗る。
簡単な朝食を終えると大急ぎで出勤の準備をし、傘を持って家を出た。トイレに行き忘れた以外は何も不備はないはずだ。
薄曇りの中バス停に着き、5分ほどスマホをいじっていると急にバスが来て止まり、「おはようございます」と運転手が挨拶した。無言で会釈だけして乗り込む。
かなり迂回した道のりを経て国道に出た。いつもはもっと自然の多い中を自転車で走っていたが、どうやらこっちの道の方が走りやすいし近そうだ、と思っていると市街に出る。
また少し迂回して駅に出た。そして駅から再び別のバスに乗り、職場に向かう。何と我が家の遠いこと、片道だけで600円余りもかかってしまった。
職場では昼前から冷たい雨が降りだした。外の喫煙所に行くのも一苦労だが、何と言っても帰り道が思いやられる。
氷雨の降る中を同じバス帰りの職員たちとバスを待ち、駅までバスに乗り、また駅の停留所で凍えながらバスを待ち、子供が多く独特の臭気が篭るバスに乗り…
バスの中では下校途中の小学生が、走行中にもかかわらず走り回り、曇った窓には思い思いの落書きを書きなぐっている。こういうバスの運転手は相当な重労働だな、と確信した。
無事自宅付近まで着き、空腹を感じたのでコンビニに入ってカップ焼きそばを買う。ドアの前で財布にレシートを収めていると、急に入ってきた白人女性が「ドアの前に突っ立てるんじゃないわよ」と言い捨てて去っていった。帰って焼きそばをかき込むと、夜になるまで寝てしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>