顎ニキビだって普通のニキビ治療薬で良い

顎ニキビ専用治療薬とかケア製品があるのかどうかは知らないけれど、顎ニキビ専用のものじゃなくても顔ニキビ用の薬とかケア用品で充分だと思います。そんなに部分部分で何かを使い分けることはありません。

商売をする方から考えると、顎ニキビ用ケア用品を作ったり、顔ニキビ用とカラダニキビ用のニキビ薬を分けたりするのは必要なことなんでしょう。だけど私たち消費者がその部分で振り回されることはないとわたしは思います。

顎ニキビでも、おでこニキビでも、お尻ニキビでもニキビの治療薬が一つあればそれでなんとかなるのです。たった一つのニキビ治療薬でなんとかなるはずがないと思う人もいることでしょう。だけどわたしはカラダに出来るニキビも顔に出来るニキビも全部1本のニキビケア治療薬で治しています。

顎ニキビにもふつうのニキビ治療薬を使いました。効き目は充分にありましたよ。顎ニキビ専用の薬じゃないから効き目が少ないなんてことありませんでした。

どこにでも売っている普通のニキビ治療薬が活躍することを知ると、部分部分で治療する薬に出費する必要が無くなり、そのかわりにゆとりができます。生活にゆとりができればあごニキビにもいいこと間違いなしです。

iPhoneのサポートはアップルストアでも受けることができます。

現代の私たちの生活に欠かせないものとなりつつあり、私たちの生活を飛躍的に便利にしてくれるスマートフォン。
スマートフォンは様々なメーカーがそれぞれ独自色を出した端末を販売していますが、中でも日本で特に高い人気を誇っているのがiPhoneです。

iPhoneは独自のOSを搭載し、使いやすくセキュリティーも高いため、機械類が苦手という人でも比較的簡単に扱うことができますし、デザインが洗練されていておしゃれなので、おしゃれやファッションに関心の高い若い女性からも支持を集めているのです。

iPhoneはアメリカのアップル社が独自に開発し販売している端末となります。
iPhoneに関するサポートやオフィシャルグッズの購入は、購入した携帯キャリアのショップですることはもちろんできますが、アップルストアでも同様にすることができます。

iPhoneが故障してしまった場合の対応も同様で、アップルストアでサポートを受けることができます。
アップルストアで故障対応を受ける場合は、来店前に予約をしておく必要があります。
ネットを通じて予約をしておけば、在庫次第ではありますが、即日で故障に対応してもらうことができ、新品へと交換してもらうことができるのです。

「気分障害」ってご存知ですか

私は神戸市在住の40代の男性です。現在、「気分障害」という精神疾患を患っています。

いわゆる「うつ病」です。発症したのはもっと前だと思うのですが、初めて精神科に行ったのは4年前です。きっかけは自傷行為で救急搬送されたことです。

その頃は仕事もしておらず、実家で朝からウォッカやウイスキーのような度数の高いお酒を飲む生活を送っていました。

親からは「病院に行ったら」と言われていたのですが聞く耳を持たず、社会と接することもありませんでした。そんな生活がしばらく続き、将来を悲観的に思ったのかとっさの判断で自傷行為に至りました。

ICUに入って、HCUに移り退院した後精神科の病院に入院しました。今考えたら、親の言うことを聞いてもっと早くに精神科に行っていればと思います。精神科の入院は三カ月でした。

そして退院後、薬を飲みながら作業所に通い始めました。薬の効果は絶大で、「何かおかしいな」と思うことや、不安な感じがした時は薬を飲み忘れていることが多いです。

薬を飲んでも気分が晴れない時は頓服を飲みます。それでも晴れない時は・・・我慢するか病院へ行きます。今、4週間に一回通院しています。

つい、最近までは2週間に一回でした。

「気分障害」と言っても広い範囲で使われるので、皆さんも一度調べてみてください。

子供の熱

1歳6ヶ月になる娘が、週に1回の習い事から帰ってきた日の夜急に発熱しました。
熱なんて初めてのことじゃないし、特に焦りもせず軽い心配程度でした。
翌日主人が休みだったので、一緒に小児科へ行くことに。
掛かりつけの小児科が休診だったので友人の勧めで近所の所へ行ったのですが
この時期疑わしいインフルエンザの検査では陰性。
その小児科の先生はすごく親切というか優しい先生で

熱が出る事も意味があって、高い熱を出して抵抗力をつけているんですよ。
無理に下げなくても大丈夫。

と教えて下さいました。
もうしばらく経過を見て、3日熱が引かなかったらまた来て下さいとのことで、坐薬だけ貰って帰宅することに。
でもやはり辛そうな我が子…
熱はずっと39度を超え、夜も泣き続けて坐薬と冷えピタを使うと少し落ち着いて眠りましたが、翌日もその調子で元気が無く…
そして3日目、やはり熱が引かなくてもう1度受診しに行きました。

そこで先生はアデノウイルスと血液検査をして下さりましたが
結果はどちらも正常。

ウイルス性のものだろうからもうちょっと様子見ましょう。

とのことで、私も不安なまま帰宅…
でも帰宅してしばらくすると少し熱が下がってて
翌日には平熱に戻りました。

その夜お風呂に入るとびっくりするくらい発疹が!
汗疹かと驚きましたが、これはきっと突発性発疹…!!

原因がわかって一安心したけど、やっぱり元気が1番だと改めて感じました。

雪が積もる前の買い出し

すっかり寒くなったので、雪が降る前にと黒いアウトドア用のダウン入りのブーツを買いました。
お目当ての物はサイズがあるけど色が嫌とか、黒はあるけどサイズがないとか。
4件目にしてようやく気に入ったものをゲット。
買った翌日から雪が降り出したので、ギリギリセーフでした。
そして、今朝もとても寒くて温かいトーストとコーヒーがおいしいです。

コーヒーを飲んでいたら資料請求していたユーキャンの案内が2つ届きました。
今回は、パソコン関係のものと、福祉関係の講座を取り寄せてみました。

「すぐ、お届けします。」なんてホントかな?と思ったらネットからだったからか翌日到着してびっくり。
資料請求したものの、本当に始めるかはこれからゆっくり検討ですがもっと勉強しておくんだったとか。大人になっても日々勉強しないといけないんだとしみじみ感じています。

さて、今日はこれから無地の年賀状、家電量販店に行ってプリンターのインク、A4サイズのラミネートフィルム。テレビで近隣の小学校でインフルエンザの学級閉鎖が出ているというニュースをやっていたのでスポーツドリンクやマスクなどを買ってこようと思います。

なんと体調を崩さずに、新年を迎えたいところです。

切実でリアルなお年玉事情や現実。

最近30代以上の大人の子供にも、孫と一緒にお年玉をあげる方が増えているというようなことをテレビでやっていました。
旦那の父は、30代では親に逆にお年玉をあげたり旅行をプレゼントしていたのにお前達はそんなこともできず情けない。と、いうようなことを言われてきたのでそのテレビを見てホッとしちゃいました。
そしてもらっている方はけっこう金額も大きい傾向があるようでうらやましくもなっちゃいましたよ。
今日は旦那の会社の社長のはからいで、私達は家族でホテルのディナーを贅沢にいただいてきました。
私達のように小さな子供を連れてこられてる方が多いなぁ。と見ているともう1つ気がついたのです。
私達家族以外の小さな子連れ家族のテーブルには見事におじいちゃんおばあちゃんもセットだったのです。
私達は社長にご馳走になりましたが、ほとんどの方がおじいちゃんおばあちゃんにご馳走になられてるんだろうな。と思っちゃいました。
そして勝手に『そうだよね。こんなとこ簡単に来れないよね。皆一緒なんだな。』と、勝手に決めつけて勝手に励まされていましたよ。
日々、お金の悩みも尽きませんが、私達と同じく甘えられる時に甘えつつ息抜きしながら過ごす方もやはり多いのかもしれませんので、改めてまた頑張っていきたいところです!

1月15日

朝早めに起きた。今日は引っ越してから初めての雨が降るそうなので、初めて自宅からバスに乗る。
簡単な朝食を終えると大急ぎで出勤の準備をし、傘を持って家を出た。トイレに行き忘れた以外は何も不備はないはずだ。
薄曇りの中バス停に着き、5分ほどスマホをいじっていると急にバスが来て止まり、「おはようございます」と運転手が挨拶した。無言で会釈だけして乗り込む。
かなり迂回した道のりを経て国道に出た。いつもはもっと自然の多い中を自転車で走っていたが、どうやらこっちの道の方が走りやすいし近そうだ、と思っていると市街に出る。
また少し迂回して駅に出た。そして駅から再び別のバスに乗り、職場に向かう。何と我が家の遠いこと、片道だけで600円余りもかかってしまった。
職場では昼前から冷たい雨が降りだした。外の喫煙所に行くのも一苦労だが、何と言っても帰り道が思いやられる。
氷雨の降る中を同じバス帰りの職員たちとバスを待ち、駅までバスに乗り、また駅の停留所で凍えながらバスを待ち、子供が多く独特の臭気が篭るバスに乗り…
バスの中では下校途中の小学生が、走行中にもかかわらず走り回り、曇った窓には思い思いの落書きを書きなぐっている。こういうバスの運転手は相当な重労働だな、と確信した。
無事自宅付近まで着き、空腹を感じたのでコンビニに入ってカップ焼きそばを買う。ドアの前で財布にレシートを収めていると、急に入ってきた白人女性が「ドアの前に突っ立てるんじゃないわよ」と言い捨てて去っていった。帰って焼きそばをかき込むと、夜になるまで寝てしまった。

マクドナルドが寒い

マクドナルドでコーヒーを飲んでいたのですが、店内が寒くて驚きました。ずっとダウンジャケットは着たままでした。周りを見渡すと、マフラーをしたままの人もいたりします。もしかしたら、暖房代を節約しているのかもしれません。震災の時の節電を今もまだ実践しているんだと思いたいです。100円でコーヒーが飲めたり、ランチのハンバーガーも、とても安かったり、そう言ったところの値段を下げているから、他の部分は削っていかないといけませんね。

僕としては、コーヒーは200円にしてでもいいから、もっとサービスを向上して欲しいです。そう言えば、レジにいる人も少ない様な気がします。2つレジがあるのに、使われているのは、なぜか1つだけ。レジを動かす電力も節約しているのかな?ギリギリの人数で仕事を回しているのは間違い無さそうです。

100円でコーヒーを飲み、座れる場所を提供してもらっているので、あまり多くは望めませんが、この経営の仕方はどんどんつらくなってしまいそうです。もっと飲み物や食べ物が高くても、満員になっているお店はたくさんありますからね。マクドナルドを利用することが多いので、サービスの質が高まって行くといいなって思っています。

灯台下暗し?

学部の4年間、そして大学院の2年間。
長いこと同じ大学に通っていたのに、大学周辺のことを全然知りませんでした。
私の通う大学は東京都の西のはずれ。キャンパスから3分も歩けば見えてくるのは自然公園、墓地、そして畑・畑・畑という立地です。チェーンのスーパーもなければ、ファミレスもない。自然が豊かだけど、アクセスも良くないし田舎だなあと思っていました。
いえ、実際田舎なんですけどね・・・

だけど、ここ最近知りました。
実は、ちょっと離れた私鉄の駅を使えば新宿から電車一本でキャンパスまで行かれること。
その駅の周辺にはファミレスもあれば野球場もあること。
電車で2,3駅もいけば遊園地があること。
キャンパスから、通学路とは反対方向に10分くらい歩いて大通り周辺まで出てしまえば、町は結構繁華なこと。
大学院を修了して今度こそ大学にサヨナラするまであと2ヶ月という、今更になってです。

昨年から大学近くに下宿するようになって、近所を自転車で回るようになったことも視野が広がった一因なんでしょうが、なんとももったいない。
存在を知っていれば、あの店もその美術館も見に行ったのに!と。

自宅から大学まで、毎日決まったルートを馬鹿正直に辿るだけだった学部生時代の自分を捕まえてきて、説教の一つもしてやりたい気分です。

本当に時代は変わってますね完全に!

 なんか最近、フェイスブックである中学生が中国のことを「支那」、韓国のことを「南朝鮮」、とテストの解答用紙に書いたそうです。よく考えてみれば「その通り」なのですが、テストでこれをかいてはいけないと私は思います。

私は45歳で、このテストの担当教諭も私と同じ年でしたので、「これは、テストで書く事じゃないよ!」と言ったら生徒は、「いいだろ!東シナ海は中国の東なんだから、中国は支那と呼んでたんだからいいじゃないか」また、「韓国は朝鮮半島の南だから南朝鮮と書いておかしくないだろう」「北朝鮮は北韓国だろ!」と言い詰めるのです。

なんかネット社会になってこういう呼び方を言うような人、年寄りだったら私はある意味分かるのですが、中学生がこういう事を言うようになってきたのは私はある意味「危険」を意味するもんだ!と思います。

親も教諭も困っている事は事実なのですが、生活態度にはなんも問題がないのでこういう生徒がこれから「増えてくる」と私は思います。

「ネトウヨ」の影響も背景にあるんだと私は思いますが、でも・・・・・・・ホントに困ります。私らが教わった事と真逆のことを言ってどうするのでしょう。

「教育」とは大人が教え育てるものです。私はやはり「教育」を片っ端から見直す時期に来てるんですね。でも・・・・・・・本当に時代は変わってますね完全に!